笠間偉人名鑑 笠間にゆかりのある有名人を紹介します。

笠間市にゆかりのある有名人を紹介するサイト

笠間偉人名鑑

私は茨城の笠間市に住んでます。知人に「笠間に住んでます」といえば「笠間って何県ですか?」「知らねwww」「あーハイハイ…笠間ですかー……???」などと言われがちです。そりゃあ笠間は知名度は決して高くないかもしれませんが、笠間焼があるし、栗が美味しいし、調べてみたら案外ゆかりのある有名人もいるんです!つまり笠間は結構すごい所なんですよ!!
という訳でこのサイトでは笠間にゆかりのある有名人を紹介していこうと思います。

笠間市

笠間市(かさまし)は関東地方の北東部、茨城県の中部に位置する市である。

古くから日本三大稲荷に数えられる笠間稲荷神社の門前町として、また笠間城の城下町として栄えてきた。最近では笠間焼の生産地として知られ、春や秋に行われる陶器市の時期には、多くの観光客で賑わう。

2006年3月19日に笠間市(旧制)、旧西茨城郡(友部町、岩間町)の1市2町が新設合併し、新制の笠間市として発足した。新笠間市の市庁舎は旧笠間市より人口が多く、地理的にも中央に位置する旧友部町に本庁舎が置かれている。

地理

茨城県の中部に位置し、北西部に八溝山系が穏やかに連なる丘陵地帯で、西部には吾国山南西部には愛宕山が位置する。北西部から東南部にかけては概ね平坦な台地が広がり、中央を涸沼川が北西部から東部にかけ貫流する。

隣接する自治体

  • 茨城県
    • 水戸市
    • 石岡市
    • 桜川市
    • 小美玉市
    • 東茨城郡茨城町
    • 東茨城郡城里町
  • 栃木県
    • 芳賀郡茂木町

旧笠間市

合併後の笠間市(笠間市)は新設合併で発足した自治体であり、これに伴って旧笠間市は廃止されている。

旧制の笠間市役所本庁舎は、新制では笠間市役所笠間支所となっている。

歴史

おもな出来事

  • 1889年(明治22年)1月16日 - 水戸鉄道(現在の水戸線)が開業。
  • 1895年(明治28年) 11月4日 - 日本鉄道土浦線(現在の常磐線)土浦 - 友部間が開業。
  • 1948年(昭和23年)11月15日 - 笠間町営バス運輸部(後の笠間市市営自動車部)を設置、町営バス事業を開始。
  • 1953年(昭和28年)5月18日 - 国道122号(現在の国道50号)が制定。
  • 1965年(昭和40年)11月12日 - 笠間市市営自動車部廃止、市営バス事業を東武鉄道・関東鉄道に譲渡。
  • 1982年(昭和57年)4月1日 - 国道355号(石岡市 - 笠間市)が制定。
  • 1984年(昭和59年)3月27日 - 常磐自動車道岩間ICが供用開始。
  • 2000年(平成12年)12月2日 - 北関東自動車道友部ICが供用開始。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月19日 - 旧笠間市、友部町、岩間町が合併し、新制の笠間市が発足。同時に2代目の市章を制定する。
    • 4月23日 - 3市町合併に伴う新笠間市長選挙の投票が行われ、元茨城県議会議員の山口伸樹が当選。24日付で新笠間市の初代市長となる。
  • 2007年(平成19年)11月14日 - 北関東自動車道笠間西ICが供用開始。
  • 2011年(平成23年)3月11日 - 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生。市内でも震度6強を観測、多数の被害が出た。

行政区域変遷

  • 変遷の年表
笠間市市域の変遷(年表)
月日 現笠間市市域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年) 4月1日 町村制施行に伴い、以下の町村がそれぞれ発足。
  • 旧笠間市
    • 西茨城郡
      • 笠間町 ← 笠間町・下市毛村・石井村・日草場村
      • 大池田村 ← 大橋村・池野辺村・福田村・飯田村
      • 北山内村 ← 箱田村・片庭村・大淵村・寺崎村・日沢村・大郷戸村・石寺村
      • 南山内村 ← 上加賀田村・手越村・南吉原村・北吉原村・来栖村・本戸村
      • 西山内村 ← 福原村・飯合村・稲田村
  • 旧友部町
    • 西茨城郡
      • 宍戸町 ← 鴻巣村・南友部村・太田町村・平町村・矢野下村・大古山村・南小泉村
      • 北川根村 ← 住吉村・湯崎村・長兎路村・仁古田村・随分附村・柏井村
      • 大原村 ← 小原村・上市原村・中市原村・下市原村
    • 東茨城郡
      • 鯉淵村 ← 鯉淵村・下野新田・五平村・高田村
  • 旧岩間町
    • 西茨城郡
      • 岩間村 ← 岩間上郷村・岩間下郷村・吉岡新田・市野谷村・泉村・福島新田
      • 南川根村 ← 押辺村・安居村・土師村
1923年(大正12年) 3月1日 岩間村は町制施行し岩間町になる。
1954年(昭和29年) 8月15日 西山内村は改称・町制施行し稲田町になる。
11月23日 岩間町と南川根村が合併し岩間町が発足。
1955年(昭和30年) 1月15日 宍戸町・大原村・北川根村が合併し友部町が発足。
2月11日 西茨城郡大池田村・北山内村・南山内村と合併し、(新)笠間町となる。
2月15日 西茨城郡稲田町を編入。
3月31日 鯉淵村の一部(鯉淵・五平の一部)を編入。
8月1日 市制施行で笠間市(旧制)となる。
2006年(平成18年) 3月19日 旧笠間市、友部町、岩間町が合併し、新制の笠間市が発足。

合併の経緯

2002年ごろいわゆる平成の大合併に 伴い旧笠間市、友部町、岩間町で合併協議会を設置。しかし、新しい市の名前について、笠間稲荷神社や笠間焼などの伝統から「笠間」の名前を残したい笠間市 と新しく公募を希望する友部町との協議が決裂し笠間市が協議会より離脱する。その後友部町と岩間町で協議を進めるが、編入合併を主張する友部町と新設合併 を主張する岩間町で協議が決裂し一旦白紙に戻る。

2004年後半になり改めて合併協議会を設置。その結果、市の名前は笠間市、市役所は旧友部町役場(笠間、岩間は支所となる)、合併方法は新設合併とそれぞれの希望が通るような折衷案がまとまり2005年3月に合併が正式決定。翌2006年に正式に新笠間市が発足した。

経済

産業

友部地区
  • キヤノンモールド 本社・第2・第3・桜・C1・D1工場(旧イガリモールド)
  • くめ・クオリティ・プロダクツ 友部工場
  • 日本たばこ産業 友部工場
  • イオンフードサプライ 北関東センター
笠間地区
  • 大化工業 関東工場
  • 関東セキスイ工業 本社工場
  • 潤工社 笠間オペレイションズセンター
岩間地区
  • INS(株)岩間センター (旧イトキン岩間工場、現在はイトキンと浪速運送との共同出資物流会社) 
  • イチカワ 岩間工場
  • キヤノン化成 岩間工場
  • 金陽社 岩間工場
  • 不二製油 関東工場
  • 日綜産業 岩間工場 

特産品

  • 笠間焼
  • 稲田御影石
笠間焼

笠間焼(かさまやき)は、茨城県笠間市周辺を産地とする陶器。

春に行われる陶炎祭(ひまつり)や秋に行われる匠のまつりなどの陶器市の時期には、多くの観光客が足を運ぶ。

江戸時代中期の安永年間(1770年代)から作られ始めた。箱田村の名主久野半右衛門道延が、近江信楽の陶工長右衛門を招聘して窯を築き陶器を焼いたのが起こりとされている。のち笠間藩主の仕法窯として保護され、甕・摺り鉢などの日用雑器が作られた。

幕末から明治にかけては江戸に近い利点から、大量生産の機会を得て技術者や従事者も飛躍的に増えた。陶器商田中友三郎による「笠間焼」の広報・販路 開拓が功を奏したという。以後、時代の転換にともなって生産品の変化などを経て、現在では300人に近い陶芸作家や窯元のいる窯業産地となっている。関東地方では、益子と並ぶ大きな窯業産地として知られている。

関東ローム層から出土する笠間粘土や花崗岩の風化によってできた鉄分を多く含む蛙目(がいろめ)粘土と呼ばれる陶土によって作られる。笠間粘土は粘りが強く粒子が細かいため焼き上がりが丈夫であり、当時の日常雑器としては理想的な土だった。

特徴がないのが特徴」と言われている。戦後、伝統にこだわらない自由な作品が作れる笠間の気風を求めて各地から若い陶芸家たちが集まったためで、現在では安価で実用的な水瓶や徳利から芸術的で斬新なデザインのオブジェまで多種多様な焼き物が焼かれている。

交通

鉄道

  • 中心駅:笠間駅友部駅
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
    • ■常磐線
      • 岩間駅 - 友部駅
    • ■水戸線
      • 福原駅 - 稲田駅 - 笠間駅 -宍戸駅 - 友部駅

バス

  • 茨城交通
    • 高速バス(笠間 - 秋葉原駅)※2012年6月1日運行開始
  • かさま観光周遊バス(コミュニティバス)

道路

高速道路
  • 常磐自動車道
    • 岩間IC - (友部SA - スマートIC) - 友部JCT
  • 北関東自動車道
    • 笠間西IC - 笠間PA - 友部IC - 友部JCT
一般国道
  • 国道50号
  • 国道355号
    • 石岡岩間バイパス
県道
主要地方道
  • 栃木県道・茨城県道1号宇都宮笠間線
  • 茨城県道16号大洗友部線
  • 茨城県道30号水戸岩間線
  • 茨城県道39号笠間緒川線
  • 茨城県道42号笠間つくば線
  • 茨城県道43号茨城岩間線
  • 茨城県道52号石岡城里線
  • 茨城県道61号日立笠間線
  • 茨城県道64号土浦笠間線
一般県道
  • 茨城県道105号友部内原線
  • 茨城県道109号稲田友部線
  • 茨城県道113号真端水戸線
  • 茨城県道145号上吉影岩間線
  • 茨城県道193号杉崎友部線
  • 茨城県道225号鶏足山線
  • 茨城県道280号南指原岩間停車場線
  • 茨城県道281号平友部停車場線
  • 茨城県道289号富谷稲田線
  • 茨城県道311号笠間停車場線

観光

主な観光地は、旧笠間市に点在している。これは笠間地区が元々笠間稲荷神社の門前町として、また笠間焼の生産地として発展してきた経緯があり、古くから観光に力を入れてきたことによる。

観光名所

旧笠間市
  • 笠間稲荷神社
  • 出雲大社常陸分社
  • 稲田神社
  • 西念寺
  • 観世音寺
  • 笠間日動美術館
    • 春風萬里荘
  • 笠間芸術の森公園
    • 笠間工芸の丘
    • 茨城県陶芸美術館
  • 石切山脈
  • 笹目宗兵衛商店
  • 佐白山
    • 笠間城跡
  • つつじ公園
  • 九ちゃんの家(坂本九が幼少期を過ごした母方の実家)
旧友部町
  • 北山公園
旧岩間町
  • 愛宕山
  • 合氣神社

イベント

旧笠間市
  • 初詣(笠間稲荷神社、出雲大社常陸分社) 1月1日~
  • つつじまつり(つつじ公園) 4月中旬~5月上旬
  • 陶炎祭(笠間芸術の森公園) 5月上旬
  • 祇園祭(八坂神社) 8月上旬
  • 笠間のまつり(市内中心部) 8月下旬
  • 笠間菊祭り(笠間稲荷神社) 10月中旬~11月下旬
  • 匠のまつり・ストーンフェスティバル(笠間芸術の森公園) 11月上旬
旧岩間町
  • 悪態祭り(愛宕山・飯綱神社) 12月下旬

茨城といえば水戸納豆

笠間でゴルフ

    △PAGE TOP

    Copyright (C) kasamatoyo All Rights Reserved.